Atmosphere

アクセスカウンタ

zoom RSS ネオフィリン濃度

<<   作成日時 : 2007/02/06 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ネオフィリン濃度変化をメモっておく。

3回にわたるネオフィリン濃度測定から、適正範囲にあることが判明した。

点滴直後 20.1μg/ml → 24時間後 2.7μg/ml 。

この状況を毎日続行していたのだが、夜、ユニフィル200を1錠服用することによって、日変動幅が小さくなった。

点滴直後 20.1μg/ml → 12時間後ユニフィル服用(この時の濃度は不明)→点滴前 12.2μg/ml 。

点滴だけの日変動は、
20.1ー 2.7μg/ml 。
点滴+ユニフィルで、
20.1ー12.2μg/ml と、日変動が小さくなった。
医師は(20〜10)−5でも良いと考えていたようだが、
中毒領域でなく、有効域なので、このままで良いだろう、ということになった。

これによって、入浴の呼吸の苦しさが改善された。

食事の量は腹部への負担があり、呼吸が苦しくなる。
呼吸が苦しいのは、(想像するに)横隔膜が動かなくなっているのではないかと。

入浴後は、横になり、そばに吸入器を置き、吸入する。
横になると、より、呼吸はし易くなる。
(背中や首まわりの筋肉が、頭や上半身を支える必要がなくなり、筋肉が休まるのではないか、と、想像する)

もう、ひとつ、視力が良くなる。
テレビの字幕が見えないが、吸入をしていると、見えるようになる。

ん? なぜだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネオフィリン濃度 Atmosphere/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる