Atmosphere

アクセスカウンタ

zoom RSS 全身性強皮症マーカーScL70Ab

<<   作成日時 : 2008/01/25 20:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

全身性強皮症のマーカーであるScL70Abは、先月に比較し、やや減少した。

2007年 5月:  94
2007年 7月: 112
2007年 9月: 149
2007年12月: 204
2008年 1月: 182
 (正常値は10以下)

このマーカーは昨年に比較し、高くなっている。
200近い値を最近は推移。

膝の痛み、指の屈折障害はこれらと関係しているのかどうか不明。

今月は血清補対価が下がり気味。
昨年末の入院時に膠原病内科の先生から、
「血清補対価、ScL70Abを注意深く読んでいかねばならない」、
との意見をもらったが、どう判断し、どう対処すれば良いのか不明。

近々、整形外科で膝を含め診察を受けることになる。

プロサイリンやリプル点滴を再開したので、様子をみるしかないのかも。

早く、春が来ないかな?
寒い毎日に耐えられない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
全身性強皮症マーカーScL70Ab Atmosphere/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる